1000

歴史 1000年

起源

トスカーナ、フレスコバルディ家の起源
1300

歴史 1300年

事業

トスカーナに所有する土地で、オリーブオイルの生産も含めた初となる農業をスタート。
1960

歴史 1960年

グループ

1960年代、フレスコバルディグループを立ち上げるため
第29代目侯爵はフレスコバルディ家所有のすべてを統一することを決定しました。
1985

歴史 1985年

厳しい冬

1985年の冬、トスカーナ州のオリーブ90%が寒さのために枯死し、州全体が被害を受けました
再起するためには、偉大なるビジョンが必要でした・・・。
1986

歴史 1986年

偉大なるビジョン

フレスコバルディ家は、極上を追求するトスカーナのオリーブ生産を始めることを決意しました
先見の明のある生産者たちを集い、ラウデミオという極上のエキストラバージンオリーブを生産するという
これまでにない協定を結んだのです。
ここに、ラウデミオ協同組合が誕生しました。
その頃は、オリーブオイル産業において協同組合や認証制度などは存在していませんでした。
1986

歴史 1986年

ロイヤルファミリーの訪問

同年、イタリアを訪問中の英国のチャールズ皇太子は
ニポッツァーノ城のフレスコバルディが所有するエステートに一本のオリーブの木を植えました。
1989

歴史 1989年

初めての収穫

1989年、フレスコバルディ・ラウデミオの初となる収穫が行われました。
2018

歴史 2018年

30回目の収穫

2018年、フレスコバルディ・ラウデミオの記念すべき30年目の収穫が行われます。

ラウデミオ

中世の時代、「ラウデミオ」という言葉は土地の所有者であった領主用に確保されていた収穫の一部のことをさしていました。
現在、フレスコバルディ・ラウデミオとは、最高級のエキストラバージンオリーブオイルを意味します。

ヘリテージ

フレスコバルディ家は、所有するエステートの中に約300ヘクタールのオリーブ農園を持ちます。
厳しい選果を行い、フレスコバルディ・ラウデミオ用に選出された最高級のエキストラバージンオリーブオイルのみを生産します。

レガシー

1) オリーブの収穫は通常より早い10月に行われます。
2) 自社採油工場で、収穫から24時間以内に採油を行います。

この2つの基準が、極限に抑えた酸味と素晴らしいアロマ、高い栄養成分を保証してくれます。

真髄

力強く、自然のポリフェノールが凝縮されたエキストラバージンオリーブオイル。
エメラルドグリーンに輝き、刈りたての草とアーティチョークの香りを持ち、濃厚で辛みのあるオリーブオイルです。

LAUDEMIO FRESCOBALDI SIGNATURE RECIPES