オーナー

フレスコバルディ家は700年もの間、伝統、経験、創造性の革新、極上への追求を一つのものとし、トスカーナのテロワールが持つ多様性を常に尊重し、発展していくことに努めてきました。このトスカーナという地の主要なぶどう畑を所有していることに誇りを持ち、それぞれのエステートの独立した個性を維持していくことに絶えず力を注いでいるのです。

世界有数のトップワイナリーの中でも、その象徴の一つとして周知されているオルネッライアは、フレスコバルディ家所有のもと大きな進化を遂げました。オルネッライアは、アテムス、マッセート、ダンザンテ、ルーチェ・デッラ・ヴィータ、フレスコバルディの6大エステートであるニポッツァーノ、カステルジョコンド、ポミーノ、アンミラーリア、カスティリオーニ、レモーレと同じく、一族が所有するエステートの一つです。

トスカーナの一つの歴史

700年ものワインの歴史

フレスコバルディ家の歴史は、
一族の地、トスカーナの歴史と
深い繋がりがあります。

フレスコバルディ家の展望

トスカーナを代表するワイナリーであり、
この地の多彩さを引きだしていくことに専念する

テロワールの多彩さを活かし、
持続可能な農業を行い、
トスカーナの文化を推奨しながら。

Cultivating Toscana Diversity

フレスコバルディがトスカーナの多彩さを表現する

多彩なエステート、ぶどう畑、そしてワイン
フレスコバルディのレストランが提供する品々やオリーブオイルの多彩な味わい
わたしたちのプロジェクトのように、多彩な社会的責任と芸術力