Lamaione - 2013

ヴィンテージ

呼称

IGTトスカーナ

詳細

重い粘土質で痩せた土壌の畑から生まれるメルローを力強く表現するラマイオーネ。1991年以来、モンタルチーノのカステルジョコンド・エステートでつくられています。

受賞・認証

天候

2013年の季節の動向は、冷涼で一定の割合で降る雨を記録した春と、極度に気温の上がることのない暑い夏を特徴とし、ブドウの生育に特に適した一年となりました。ブドウが熟成する時期は、晴天が続く日中と冷涼な夜という昼夜の寒暖差が、ブドウが健康で素晴らしい状態で成熟することを約束してくれました。

Lamaione

生産地域の特徴

原産地 モンタルチーノのカステル・ジョコンド・エステート
標高 300m
表面積 ラマイオーネ・ヴィンヤードの12ha
方角 南-西
土壌 粘土質の多い石灰質土壌で、カルシウムが豊富。PHは弱アルカリ性
植密度 5,500本/ha
栽培方法 低い短梢剪定コルドン
ブドウ園の年龄 20年以上
Lamaione

テクニカルノート

品種 メルロー
アルコール度数 14,50%
搾汁時間 4週間
マロラクティック発酵 アルコール発酵の直後
熟成方法 90%は新しいフレンチオークの樽、10%は2回使用のバリック
熟成期間 24ヶ月は樽熟成後、12カ月は瓶内熟成。
容量 750ml、1.5L、3L
Lamaione

テイスティング ノート

ラマイオーネ2013は、極度の暑さを記録することなく晴天が続いた気候条件により、メルロ種がゆっくりと完全に熟していくことができたという非常に理想的であったヴィンテージの成果が表れています。濃厚で奥深い赤いルビー色をし、はじめにカシス、黒系果実、スミノミザクラの香りを感じ、バニラとコーヒーの淡い香りがアロマの見事な豊かさと複雑さを感じさせます。口に含むと、まろやかで全く棘のない滑らかなタンニンと、黒系果実の濃厚な香りが非常に長い余韻と共に味わいを深めていきます。

食事との相性

同じワインで煮込んだポット・ローストやマッシュルームを加えた濃厚なシチューのようなゆっくり煮込んだ料理。ビーフ・フィレ。中程度に熟成したチーズとも良く合います。

Lamaione

偉大なるクリュのための、ここにしかないテロワール

モンタルチーノ南西に位置するカステルジョコンド・エステートは、この地で造られる偉大なワインにとって理想的なテロワールにあります:ぶどう畑は標高300m~400mに広がり、水はけの良い土壌は日当たりがよく、最も適している南西に面しています。

この素晴らしき地、カステルジョコンドを詳しく知る

カステルジョコンドの魅力を感じながら、この素晴らしき地への旅を始めよう。
ビデオを見る

ここでしか味わえない体験を

開園:月曜日から金曜日
週末は予約制です

ご要望に合わせ、
カステルジョコンド・エステートの見学を計画できます。