Gorgona - 2017

ヴィンテージ

ゴルゴーナ

「トスカーナ群島は地球にあるパラダイス。その中でゴルゴーナ島は最も野性的でルミネセンスなアフロディテの真珠だ。この一見反抗的な姿の裏に、力強さと永遠の若々しさで心を動かす香り、静寂さ、自然という言葉では表現できない魅力がある・・・。そして、その周りには帆に縄を締めつけ、空からのメッセージを映し出す海が。」(アンドレア・ボッチェッリー2014)

ゴルゴーナ・プロジェクトは、ヨーロッパで唯一の刑事施設として存在する島ゴルゴーナとフレスコバルディとの共同企画で2012年8月に誕生しました。この島で受刑者は、実際の社会的・労働的復帰を容易にする職業訓練を行うために自然と触れあって働きながら、刑期の最終期間を過ごします。
海を見渡す円形競技場の中心にある小さなブドウ畑から、このプロジェクトは始まりました。目的は、フレスコバルディに従事する農学や醸造の専門家たちの指導と協力のもと、ブドウ栽培という分野での実践的で具体的な経験を受刑者に与えるということ。現在は2ヘクタールのブドウ畑があり、うち1ヘクタールはプロジェクト開始時に、もう1ヘクタールは2015年に植樹しました。
ヴェルメンティーノ種とアンソーニカ種を栽培するこのブドウ畑からゴルゴーナが生まれます。ここにしかない場所と作り手、そして希望と自由のシンボルです。

Gorgona

ゴルゴーナ2017-IGTコスタ・トスカーナ・ビアンコ

ゴルゴーナワインのラベルには、毎年、島の特徴が描かれます。2017年は、新しい風土に完全に調和した生物多様性が表現される動物誌。野生うさぎからハヤブサ、巣作りにゴルゴーナを選んだキアシセグロカモメなどです。

2017年は、降雨量の少ない一年だったと記憶に残るでしょう。平年より高い気温を記録しながらも、海からの影響で常に温暖な気候でした。島の特徴である微気候により、9月初めに開始した収穫までヴェルメンティーノとアンソーニカ種のブドウが完熟するのを助け、正確な収穫と厳しい選果を行うことができました。

ゴルゴーナ2017は、黄金色に強く反射する輝く麦藁色をしています。シトロンやパイナップル、熟したトロピカルフルーツのようなはっきりとしたフルーティー香と調和する半日花、カレープラント、ローズマリーなど地中海を思い起こさせる香りの濃厚さと上品さに驚かされるブーケです。
口に含むと、極上の爽やかさを与えるヨード香とミネラル香が際立ち、ゴルゴーナ島と一つになる感覚を覚えます。

Gorgona

La stagione 2017 verrà ricordata come una delle meno piovose, con temperature al di sopra delle medie annuali, ma sempre mitigate dall’influenza del mare. Il microclima dell'isola ha permesso una perfetta maturazione delle uve di Vermentino e Ansonica, fino alla vendemmia iniziata nei primi giorni di settembre, con una raccolta puntuale e altamente selettiva.

Gorgona

Gorgona 2017 affascina per il colore giallo paglierino brillante e carico di riflessi dorati. Un bouquet che sorprende per intensità ed eleganza con profumi di macchia mediterranea, rosmarino, cisto ed elicriso che si combinano a una decisa nota fruttata, che ricorda il cedro, l’ananas e la frutta esotica matura.
Degustando Gorgona si entra in sintonia con l'isola, attraverso una spiccata nota iodica e minerale che dona una sublime freschezza.

受賞・認証

  • JamesSuckling.Com95 Points
  • JamesSuckling.Com95 Points
  • Gorgona - 2017

    ヴィンテージ

    呼称

    コスタ・トスカーナIGT

    詳細

    リボルノから西に20マイル、トスカーナ群島で最も小さな島であるゴルゴーナ島で、ヴェルメンティーノ種とアンソーニカ種という今ではもう島の風土に完全に順応した品種たちから生まれるワイン。「ゴルゴーナ」は、フレスコバルディ社と島の刑事施設の協力により生まれた白ワインです。フレスコバルディの農学家と醸造家たちは、受刑者へ、刑期終了後、社会へのより容易な再復帰を手助けする技能教育のため、共に作業を行っています。ワイン・ゴルゴナは、強い海風から唯一守られた1ヘクタールの広さの、海を見渡す自然によりつくられた円形競技場の中心に位置しています。ぶどう畑は、刑事施設の受刑者により有機栽培されています。

    受賞・認証

  • JamesSuckling.Com95 Points
  • JamesSuckling.Com95 Points
  • 天候

    例年に比べ、平均気温はやや高い指数を示しましたが、一定して吹いた風により緩和され、記憶に残る素晴らしい年となりました。一年を通し、それぞれの季節において海から受ける影響が大きく見られます。極端な降雨量を記録することのなかった秋、冷涼な春へと続く温暖な冬、そして主役ともいえる暑くても風のある夏となりました。こうして、ぶどう樹のフェノロジー工程の初期段階が、内陸に比べ約2週間早まり、生育期間が延長する結果となりました。冬の始まりには非常に高い降雨量を記録しましたが、終盤にかけて平年並みとなり、春は特に注視すべき雨はなく、総括して平年並みの降雨量でした。暑い日々が続く季節においても高い降雨量を示すことはなく、収穫時期は降雨量が少ない状態を維持したため収穫期間が伸び、ブドウをより一層成熟させ、健康な状態で収穫を行うことができました。

    Gorgona

    生産地域の特徴

    原産地 ゴルゴーナ島
    標高 海抜60m
    表面積 1ヘクタール
    方角
    土壌 砂質
    植密度 3000 pha
    栽培方法 ギヨー
    ブドウ園の年龄 29年
    Gorgona

    テクニカルノート

    品種 ヴェルメンティーノ種とアンソーニカ種
    アルコール度数 13%
    マセラシオンの期間 行われない
    マロラクティック発酵 一部
    熟成方法 ステンレスとバリック
    熟成期間 7ヶ月
    容量 750ml、1.5l
    Gorgona

    テイスティング ノート

    ゴルゴナのワインは、海岸にすぐ近い自然が作りあげた円形競技場のような地形により、ここでしか生まれない特徴がふんだんに詰まっています。黄金色の反射光をもつ麦藁色がかった黄色をしています。ローズマリーとビャクシン、タイムという地中海を表現する特有の繊細な香りを次々に感じ、熟した白桃、パイナップル、シトロンの複雑ではっきりとした香りが続きます。口に含むと、潮風に常に触れていたブドウであると思わせる、ミネラル感と味わいを感じ、鍵となるアルコールの度合いがもたらす柔らかさと酸味とが調和します。心地よさと良質な余韻を表現する、まろやかで聡明だが意外性を持ち合わせたワインです。

    食事との相性