トスカーナの一つの歴史

700年ものワインの歴史

フレスコバルディ家の歴史は1000年以上前に遡り、トスカーナの歴史と深い繋がりをもっています。
フィレンツェが最盛期を迎えていた中世の時代に、
フレスコバルディ家は英国のクラウン貨幣の管理権を取得し、
銀行家として影響力を強めていきます。
その後まもなく、ルネッサンスの開花とともにサンタ・トリニタ橋やサント・スピリト大聖堂の建設など重要なプロジェクトの支援者となるのです。

フレスコバルディ家

偉大なる展望を抱く一族

極上への追求と創造する力こそが、
代々続く、フレスコバルディ家の
真髄なのです。

フレスコバルディ家の展望

トスカーナを代表するワイナリーであり、
この地の多彩さを引きだしていくことに専念する

テロワールの多彩さを活かし、
持続可能な農業を行い、
トスカーナの文化を推奨しながら。

Cultivating Toscana Diversity

フレスコバルディがトスカーナの多彩さを表現する

多彩なエステート、ぶどう畑、そしてワイン
フレスコバルディのレストランが提供する品々やオリーブオイルの多彩な味わい
わたしたちのプロジェクトのように、多彩な社会的責任と芸術力